"

西原理恵子の新刊 「この世で一番大事なカネの話 」からの抜き書き。

作者のやってきたことを、「カネ」という価値軸でひもといた本。
努力のしかた

* 順位に目がくらんで、戦う相手を間違えちゃあ、いけない
* 目標は「トップになること」じゃない。これだけは譲れない、大切な何かを実現すること
* 肝心なのは、トップと自分の順位を比べて卑屈になることじゃない。最下位でも出来ることを探すこと
* 自分の得意なものと、限界点を知ること。やりたいこと、やれることの着地点を探すこと。最下位の人間には、最下位の戦いかたがある
* 「どうしたら夢が叶うか」って考えると、全部あきらめてしまいそうになる。「どうしたらそれで稼げるか」って考えれば、必ず、次の一手が見えてくる

「カネ」を失うことで見えてくるもの

* 銀玉親方に教わったのは、まず 「負けてもちゃんと笑っていること」。これはギャンブルのマナーの、基本中の基本
* ギャンブルでした失敗を、もし、どうにも笑えなくなったなら、それはもう、その人が受け止めきれる限度を超えた負けかたをしてるってこと
* 限度を超えたが最後、ギャンブルは、怖い本性をむき出しにして、その人に襲いかかってくる

「カネ」が外の世界へと案内してくれる

* 「カネについて口にするのははしたない」という教えを刷り込むことで、得をしている誰かがどこかにいる
* 「お金がすべてじゃない」「幸せはお金なんかでは買えないんだ」って、何を根拠にして、そう言いきれるんだろう
* 旦那の稼ぎをアテにするだけの将来は、考え直したほうがいい。失業みたいなことがこれだけ一般化している今の時代に、「人のカネを当てにして生きる」ことほどリスキーなことはない
* 人の気持ちと人のカネだけは、当てにするな

人が人であること

* 「働くことが出来る」「働ける場所がある」って言うことが、本当の意味で、人を貧しさから救うんだと思う
* 生きていくなら、お金を稼ぎましょう。どんなときでも、毎日、毎日、「自分のお店」を開けましょう
* どんなときでも、働くこと、働き続けることが「希望」になる。人が人であることを止めないために、人は働く

読んでみて、作者の人はたぶん、母親として、この本を子供に読んでほしくて書いたんだろうな、と思った。

"

西原理恵子の言葉 - レジデント初期研修用資料 (via edieelee)

(via rubbishcollector)

170 notes

bgnori:

do-nothing:

Picture of the Day: Hong Kong Rooftopping at Night «TwistedSifter

「ネットは広大だわ」の参考資料かと思った.

格好良い。

bgnori:

do-nothing:

Picture of the Day: Hong Kong Rooftopping at Night «TwistedSifter

「ネットは広大だわ」の参考資料かと思った.

格好良い。

(via layer13)

149 notes

prostheticknowledge:

Drone Racing Star Wars Style

It was bound to happen …

The video below has French commentary but you will get a clear idea of what is going on:

[Link]

これは楽しい。絶対楽しい。

(via jun26)

1,507 notes

"

同僚Aが相談を持ち掛けたときに上司Bが話した『夫婦円満のコツ』が予想外のものだった。
上司Bは「お互いにイライラしてどうしようもない時は5・7・5でメールしあうようにしてるよ」と言った。
俺は最初冗談かと思ったんだが、どうやら本当のことらしかった。

例えば上司Aの奥さんが洗濯物の件でイラッときた日のメールは、
上司の奥さん:靴下が 逆なんだけど 裏表
上司:あぁすまん 気を付けますね 明日から

個人的な話だが、上記のメールを見たときは早く結婚したくなった。

5・7・5でメールし合うことにすると色々利点があるようだった。
「イライラした際に思ったままを勢いでぶつけることがない。
つまり5・7・5というルールを設けることで、お互い一呼吸置いて考えることができる。
何より、どんなにイライラしていても5・7・5で送り合っていると笑えてくる」というようなことを言っていた。

それを聞いた同僚Aはえらく感動しており「早速試します」と言っていた。
(俺も感動したが試す相手がいない。)
しかし、同僚AはAの奥さんに前もって一切言わずに急に5・7・5でメールを送ってしまったようで、
喧嘩は更に最悪な方に向かったらしかった。
確かに、前もって言うことなく急に5・7・5が送られてきたら余計に神経を逆撫でするだろうと思ったわ。
でも何にせよ、上司Bのその方法はちょっと驚きだった。

"

夫婦喧嘩の絶えない同僚が上司に相談した時に、上司が話した『夫婦円満のコツ』が予想外のものだった - 子育てちゃんねる (via yue)

とても頭が良い解決方法。すごい。

(via jun26)

1,221 notes

良い。

良い。

(Source: olympicsusa, via jun26)

1,043 notes

"その公式ができるまでに
当時の最優秀の数学者が考えに考えぬいて
それでも
100年は掛かってると知れば
もう考えなくなる。"

数学とかで公式が出てきたとき 「何でこうなるんだ?」って深く考えてたら授業ついていけなくなった  - ゴールデンタイムズ (via shy-azusa)

(via jun26)

234 notes

"マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは「ヒトラーがドイツでやったことはすべて合法だったことを忘れるな」と言った。合法だから善とは限らないし、違法であっても悪とは限らない。"

合法性と善悪 (via shibata616)

(via layer13)

1,596 notes

"

戦術レベルで「ちゃんと対等に闘う方法」レベルが設定されていないと、近代の戦争はひたすらの虐殺行為になるということがこれでよくわかる。ちなみに、なぜこうなったか?は下記の本が凄く納得いくものだった。

大本営参謀の情報戦記—情報なき国家の悲劇 (文春文庫)


さて次は防空だ。

きのうウェワク上空の戦闘で、君も見ていた通り、日本の高射砲の命中したのは63機中2機。つまり3パーセントだった。米軍は発揮、発揮が並んだ編隊という面だ。それを日本軍は高射砲弾という点で消そうとしている。

 わが第四航空軍もずいぶん米軍の船団攻撃に出たが、その護衛船の発射する防空弾幕は筆舌に尽くしがたい。空が真っ黒になる面の幕だ。一機といえどもこの幕の中に突入することはできない。しかもレーダーで見ているらしく、こちらが接近すると、一機一機なんて目標にしないで、その前に弾幕を立てるんだ。一体何万、何十万発の弾丸を使うのか、戦場で見た者以外にはわからない。

『大本営参謀の情報戦記』 p83


筆者は、戦争は「鉄量で決まる」という書き方をしているが、米国の戦争に関するドクトリンを調べると(当時もちろん日本はこの秘密文書をすべて諜報戦で手に入れている!←もちろん活用できていないが(苦笑))彼らの基本構想に、どうも「面で制圧する」とい発想があるようなんですよね。逆に日本では「点で必中する」という発想に偏りがち。もちろんこれは、国家としてのリソース(=物量)が桁が違う故に生まれた発想なんでしょうが、米国の攻め方は、弾幕・・・・とにかく部隊が到着する前に、凄まじい量の砲撃によって面制圧を実施して、そこに敵が跡形もいなくなった後に部隊が展開するという形をとっています。

"

『激動の昭和史 沖縄決戦(1971/東宝)』 岡本喜八監督 無名の人々のエピソードの緻密さが出来事の深さを感じさせる - 物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために (via ginzuna)

ちょっと違う。
人海戦術のロシア、機動性重視のドイツに対し、第二次大戦でアメリカが得意とした戦術は空間支配重視とでも言うべきもの。アメリカ軍の砲撃は、「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ではなく、「敵の行動できる空間を狭めて選択肢を減らす」ことを重視してる。弾幕も闇雲に張ってるわけじゃなく、敵機の行動を制限するように計算されてる。陸戦においても、リンク先にあるような「圧倒的な火力で防御側を粉砕する」のではなく、「砲撃で防御側の移動できる空間的選択肢を奪い釘付けにする」のが正しい。
この「空間を支配して敵の選択肢を減らす」というのは、武道や格闘技でも出てくる思想で日本人にももともと身近な発想だったはずなのだけど、第二次大戦頃の日本人はそれを軍事に生かすことができなかった。まあ物量の差は確かにあったんだろう。そして代わりに軍事に持ち込んだのが、精神論だった。

(via raurublock)

(via layer13)

216 notes

(Source: purnsz, via jun26)

1,305 notes