"同僚A「ランチ何食べる?」
同僚B「うーん俺が何食べてるの見たい?」
同僚A「」
俺「(新しい・・・)」"

Twitter / Kouji_Tajima (via tkr)

新しい。

(via tokunoriben)

273 notes

"壊れてから直そうとしないで下さい。
もう直りませんから。
普段からメンテナンスすることが大事なんです。
恋人と破局寸前までいってから、謝っても遅いです。
反省しても遅いです。
泣きついても意味がありません。
部下が鬱になってから、不満を聞いても遅いです。
改善案を出しても遅いです。
心配しても意味がありません。
日々良い関係を維持すること以上に大切なことはありません。
壊れたものは直らないんで。"

壊れてから直そうとする人達へ (via beglog)

(via layer13)

1,680 notes

"発送しました"

いくつになっても無条件でワクワクが止まらなくなる単語 : 無題のドキュメント (via mnky)

わかる。すごくよくわかる。

(via jun26)

622 notes

"

今からすごくショッキングな発言をしますので、ちょっと強い酒をぐっとあおってから聞いてくださいね。人生は、「正しく生きている人間」が必ずしもいい目を見るとは限らないし、「ずるく生きている人間」や「悪人」に必ずバチが当たるということもないんです。

 私たちは子供の頃から、因果応報系の童話や伝説をよく聞かされて育ちます。道徳の授業なんかでも、悪いことをした人間はその報いを受けますし、いいことをした人間にはそれなりのご褒美が待っていたりします。けれど、現実はそうじゃありません。マナーを守り、仁義を通し、ずるをせずに正しく生きていれば、必ずそれが報われるというわけでもなければ、すっごくずるして生きているように見える人や、人のことを平気でめちゃくちゃに傷つける人が普通にサクセスしてたりもします。

"

「大嫌いな女友達」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第3回 | cocoloni PROLO (via tsuda)

(via tokunoriben)

350 notes

okomephoto:

七條甘春堂 天の川


美しい。

okomephoto:

七條甘春堂 天の川

美しい。

(via layer13)

459 notes

"自分との約束を守ることが、勝負強さを作る"

桜井章一 (via pandante)

自信を持つ唯一の方法はこれを続けること。

(Source: twitter.com, via layer13)

185 notes

"人間は、他者の行動については、その人の内面(特性など)に原因あると考えるのに対して、自分の行動については、その原因が自分の外側(特殊な事情など)にあると考える傾向があります。この傾向を特に行為者・観察者バイアス」と言います。例えば、職場の同僚がなんらかの悪い成果を出した場合、僕たちはそれを「努力が足りないせいだ」と考えたりするのに、自分の成果が悪いと「周囲の環境のせいだ」と考えたりします。他者の特徴については、色々と触れる機会があるものの、他者の置かれている背景(事情)というのは、理解する機会がなかなかないことが原因なのかもしれませんね。そう思うと、周囲の人に対して、自分の置かれている立場や状況を、しっかりと説明して理解してもらう努力も必要ということが見えてきます。"

行為者・観察者バイアス

定期リマインダー

(via haru012)

(via rubbishcollector)

1,172 notes

susancutie:

My cord holder.


良いアイデアw

susancutie:

My cord holder.

良いアイデアw

(via tokunoriben)

1,728 notes

sixpenceee:

For make these dishes, click here

OMG

すばらしい。

(Source: japandreams, via layer13)

54,431 notes